チャンピックスで喫煙しながら禁煙

煙草を吸いながら禁煙できる夢のような方法…実はあるんです。

チャンピックスで喫煙しながら喫煙する男性

日記でチャンピックスの効果が現れるのかを調べる

チャンピックスを有効なものとして利用するためには、まず禁煙が何日で実現できるのかを確認しておかなくてはいけません。これは、日記のように自身の禁煙の記録をとっておくことが大事です。書き方としては服用時間や服用した錠剤の数などを詳しく書いておくことが大事です。こうした書き方をきちんと知っていれば、非常に効率的な禁煙をすすめることができます。
なぜこのようなことをしなくてはいけないのかというと、一般的にチャンピックスを利用した禁煙方法と言うのは、何日という短い期間ではなく最低でも三ヶ月程度の時間が必要だと考えられています。実際に、病院で処方されるときも投与期間を三ヶ月と設定しているため、自身がいつから薬を使い始めたのかをきちんと記録しておかなくてはいけません。書き方を学んでおくのはこのためです。
チャンピックスは、日本で始めて禁煙補助薬として提供された薬のことを言います。たばこにはニコチンという中毒症状を引き起こす有害物質が含まれています。チャンピックスは、脳のニコチンの受容体を刺激することによってニコチンの摂取不足による離脱症状を抑えてくれる働きを持っているのです。そのため、この薬を服用し続けると一般的な禁煙の症状で現れる離脱症状が現れないようになるため、わずか数日で禁煙に挫折してしまうようなことが起こりません。自力で禁煙をすると離脱症状が何日目かで必ず起きるので、チャンピックスは画期的な補助薬であると言えます。
基本的に、個人輸入などしなくても日本国内の禁煙外来を利用することによって自己負担で処方してもらうことが出来ます。必要な分だけ貰って継続的に使用し続けることで、最終的には薬に頼らなくても禁煙をする事が出来るようになります。