チャンピックスで喫煙しながら禁煙

煙草を吸いながら禁煙できる夢のような方法…実はあるんです。

チャンピックスで喫煙しながら喫煙する男性

医者とチャンピックスとの二人三脚で禁煙成功

医者と禁煙患者

禁煙は自分との戦いであり、本当に難しいです。
我慢していてもイライラに堪えられなかったり、食後や飲み会の席で周りが吸っているとついつられて吸ってしまったり、1本くらいなら、と軽い気持ちで吸ってしまったり、何度も禁煙にチャレンジしてはその都度失敗を繰り返している人も多いです。
そんな時、成功例が多いのがチャンピックスという禁煙治療薬を使用したものです。
たばこを吸うと、脳内にあるニコチン受容体という部分にニコチンが結合して、快楽を生じさせる物質(ドパミン)が放出されるのですが、チャンピックスはこの受容体と結合し、ニコチンの場合より少量のドパミンを放出させ、イライラなどのニコチン切れの症状を軽くしてくれます。
それだけではなく、万が一禁煙中にたばこを吸ってしまったときに、ニコチンが受容体に結合するのを邪魔してたばこをまずく感じさせてくれます。
このような効果から、大変成功率の高い治療法なのです。
また、チャンピックスは12週飲み続ける内服薬なのですが、喫煙を始めた年齢や継続して喫煙している年数などの条件次第では健康保険の適応が認められるので、病院に通院して治療を受けることができます。
保険適用で安く治療が受けられるだけではなく、お医者さんに禁煙の相談することができます。
一人で禁煙に挑戦するよりも、次回お医者さんに会うまではたばこを我慢しよう、と小刻みに目標を立てることで、より成功率は格段に上がります。
さらにお医者さんは他の患者の失敗例や成功例を話してくれるので大変参考になります。
自分も成功例の一つとなれるように頑張ろう、と気合も入ります。
このようにチャンピックスは禁煙治療の中では、大変効果の期待できる治療法なのです。